ワイヤレスイヤホン YAMAHA TW-E3Aを購入したよ!

  • 2020年6月14日
  • 2020年6月14日
  • Android

Androidスマホで使用するイヤホンが欲しくて色々と物色していたんです。

本当はGoogle Pixel Buds(2020)が欲しくて過去に記事にしたこともあったんですが、日本での発売がまだ発表されないので、我慢できずに手頃なワイヤレスイヤホンを購入してしまいました。

YAMAHA TW-E3A

公式ホームページはこちら。

音量に応じて音のバランスを最適化するリスニングケアを搭載した完全ワイヤレス…

私が購入したときはヨドバシで8000円前後でした。

欲しかったPixel Budsと比べると半額以下の売値ですね。

外観はこんな感じ。YAMAHAの音叉のロゴってカッコイイですよね〜。

後ろから見たところ。暗くて見えづらいけど、充電はUSB-Cタイプなのでスマホ(Pixel3)と同じケーブルが使えるから便利。

開いたところ。それぞれのイヤホンが充電されている状態です。オレンジ色に光っているので、充電状態がわかりやすい。

それにしてもやっぱりYAMAHAのロゴがかっこいい・・・

質感はマットな感じだけど、結構プラスチッキーさがあるので高級感はありません。

イヤホンは磁石で「スッ」と入ってくれるから落ちたりする心配はなさそうです。

それにしてもワイヤレスイヤホンをケースで充電する方法を考えた人は控えめに言っても天才ですよね。

リスニングケア

このTW-E3Aには「リスニングケア」という機能がついています。スマホには対応のアプリを入れて、ペアリング中のイヤホンに設定が可能。

 

ヤマハ独自の「リスニングケア」は、小さなボリュームの時ほど低域と高域が聴こえにくくなる人間の聴感特性や、リスニング環境における聴こえ方の違いに着目し、音量に合わせて、音のバランスが最適になるように補正。自然で聴きやすい音を再現し、過度な音量アップによる耳への負担を抑えます。

周りの環境に応じて微妙なバランスをしてくれる機能なんだけど、これが割と効果がでていて、OFFとONでは聞こえやすさが違います。

試しに雑音が多い駅のホームでOFF、ONを切り替えてみると、ボーカルの声が聞こえやすくなったり、バランスがチューニングされていることがよく分かります。

ただ、フラットで曲自体の音を好んで聴かれる方はOFFが良いかもしれませんね。

音質について

私はワイヤレスイヤホンには、そこそこの音質があれば良いと思っています。聞いている曲も圧縮音源ですし、ストリーミングの音楽ですしね・・・

それでもこのTW-E3Aは中〜高音域が綺麗に表現されていると思います。低音は色々なレビューを見ると弱いという声が多いものの、バランス良く鳴らしてくれて全体を邪魔せず、引き締まった音質だと感じます。

このあたりのバランスは流石のYAMAHAといったところですね。

低音ドンドンを求める人には物足りないかもしれません。

 

購入してみて

1万円を切る価格帯で、しっかりとバランスよく音を出してくれるコストパフォーマンス抜群のワイヤレスイヤホンです。

IPX5相当の防水機能で汗をかくシーンでも安心して使えるのは◎。夏の暑い日の通勤通学でも問題ないですね!

個人的にはYAMAHAのロゴが好きなので、イヤホンにも見えるところについているところも高評価。どこのメーカーか分からない激安商品では無いってアピールしてる感じがしてとても良いです。

ワイヤレスイヤホンは戦国時代で色んなメーカーが(本当に知らないメーカーからも)たくさん販売されていますよね。Amazonなんか見ると激安割引商品が多く、「それ定価あって無いようなもんじゃないの?」って商品も少なくありません。

そんな中で音楽業界の老舗であるYAMAHAのワイヤレスイヤホンは名実ともに信用ができ、かつコスパ抜群の商品となっています。

オススメですよ。

iPhoneやスマホ、パソコンを購入するなら!
イオシス がオススメ!
中古美品が多くお買い得商品情報が多数なんです!


最新情報をチェックしよう!