テレワークは作業効率が落ちないのか?自由だからこそのプレッシャーがカギ!

新型コロナウイルスの影響は凄まじく、国を挙げてさまざまな対策が打ち出されています。

その中の一つにテレワークという働き方が推奨されており、実施している企業も多くなってきました。

テレワークは今回の騒動で改めて注目されるようになっていますが、これまでも一般的に普及しており、近年増加している働き方になっていますよね。

今回、サラリーマンの私が在宅勤務になった際に、実際にテレワークを通じて感じた事を簡単にまとめてみました。

ちなみにテレワークで効率を上げられるかどうかは、プレッシャーがカギだと感じました。

 

テレワークとは

ITや通信を駆使し、場所や時間にとらわれない働き方のことをテレワークと呼びます。職場に向かうのではなく、自宅や共用スペースなどを活用して仕事をすることになります。

ファイルの共有やメールはもちろん、多人数とのビデオ通話やチャットも、パソコンとインターネット回線があれば可能なので会議や打ち合わせのために、わざわざ会社に向かう必要はもうありませんよね。

 

テレワークのメリット

通勤時間が無くなる

往復の通勤時間が無くなるので、プライベートの時間を有効に活用することができます。朝と晩に時間の余裕ができると、仕事に対するモチベーションを上げたり、準備に時間をかけることができます。

特に長時間の通勤をしていると体力的にも消耗をしてしまいます。

私も往復で2時間程度の通勤なので、その時間を有効に使えるのは非常にメリットでした。コーヒーもゆっくり飲めますし。

ストレスを貯めないためにも、通勤を無くすというのはメリットなのです!

 

 

作業効率があがる!

他人の目がないのでサボってしまいそうだと思われがちですが、実はデータでは逆で、作業効率が上がることが報告されています。

総務省がまとめたデータがありました。

www.soumu.go.jp

テレワークによって評価されるものは「成果」です。作業中の姿や、そこに至るまでの準備は残念ながら他の方には見てもらえません。

きちんと成果を示して行かないといけないので、テレワークでは成果を上げる意識が芽生えるとのことです。

実際に私も、自由だからこそのプレッシャーをきちんと感じ、集中できる環境で仕事をすることは効率が上がっていることを実感できました!

サボっていると思われたくもないですしね。

先に上げた通勤時間の短縮など、その環境を維持するために働く意識の向上につながっているというわけですね。

 

テレワークのデメリット

次にデメリットを見てみましょう。こちらも、私が実際に感じた内容です。

 

他のスタッフとの連携の鈍化

ネットワークや通信技術が上がっても、顔を合わせて仕事をする状況よりコミュニケーションの頻度は下がってしまいます。

何気なく話しかければよかったところが、ボイスチャットや電話を使うためにワンクッションの動作が発生するので、少し煩わしくなります。相手の姿が見えないので、いま話しかけてもいいのか気を遣いますしね。

お互いの作業の進捗の確認や定期報告など、可視化できるツールを活用するなどの対策をしておいたほうが良いです。

 

セキュリティ問題

社内のネットワークはセキュリティが万全ですが、外から接続にはどうしてもリスクが発生します。

データを持ち出すことも想定される場合には、物理的なケアはもちろん使用するスタッフへの意識付けが必要です。

 

オンとオフの切り替えが難しい?

特に自宅でテレワークをしていると、仕事とプライベートの切り替えを難しく感じる場合もあります。

実は適度な通勤時間は、気持ちの切り替えに役立っていたんですね。

作業場所とプライベートエリアを分ける、仕事用の服装を決めるなど、自分の切り替えポイントを持っていると良いです。

 

 

まとめ

テレワークは一人で作業することになるので、周りのスタッフとの連携方法の確立が重要だと感じました。

集まって顔を合わせたほうが良い場合も出てくるので、完全なテレワークというのは仕事の内容によって柔軟に対応しないといけません。

現在の仕事内容をテレワーク化していく中で、今後は逆にテレワーク前提の仕事内容に変わっていったりするのでしょうかね。

働く方法もそうですが、自身もしっかりと変えていかなければと考えさせられる、そんなテレワークの体験でした。

最新情報をチェックしよう!