UME-BLOG

小旅行、グルメ、ガジェット。気ままに好きなことを書いていきます。

Chromebookを1か月使用したレビューと不満な点(ASUS C101PA)

f:id:umeboh:20200117191041j:plain

この記事では、初めてChromebookを買った私が1ヶ月間使用してみた感想をご紹介いたします。

 

購入したのはASUSの「Chromebook Flip C101PA」でして、Chromebook界隈で多くのファンを持つ、名機と評判の端末です。

 

 

基本スペック 

ASUS Chromebook Flip C101PA

  • OS:Chrome OS™ オペレーティング システム
  • CPU:OP1 Hexa-core 2GHz/6コア
  • メモリ:4GB
  • ディスプレイ:10.1インチ LEDバックライト WXGA (1280x800) 
  • WEBカメラ:92 万画素Webカメラ
  • インターフェース:USB 3.1 (Type-C/Gen1) x 2、USB 2.0 x 1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • サイズ:幅262.8 mm×奥行き182.4 mm×高さ15.6 mm
  • 重さ:約0.9 kg

 

 

結論をいうと、「多少の不満点はあるものの、総じて満足」となります。

買って良かったと思っているので、これから購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

 

使用する用途

使っている内容は、ざっとこんな感じです。

  • ブログを書く、閲覧する
  • ニュース、5ちゃんねるを見る
  • スマホで撮った写真を見る
  • YouTube閲覧

上の項目ほどよく使用しています。

 

ブログを書く、閲覧する

このUME-BLOGをChromebookで更新しています。ブログを書くにあたっての情報のまとめや写真の管理も、すべてChromebookです。

キーボードのタッチ感も悪くありません。私は長文を書いていても特に不満なく使えています。ただしテンキーは付いていませんのでご注意ください。

 

写真については、スマホで撮ればGoogleフォトを通じてブラウザで確認できますので便利です。

写真のトリミングには、AndroidアプリのSnapseedを利用しています。

play.google.com

 

C101PAはタッチパネルとなっているので、トリミングの幅を選択する際は画面を直接触って変更をしています。タッチパッドでマウス操作するより非常に楽です。

加工した写真はGoogleドライブに保存しているので、別のWindowsの端末などでも利用することが出来ます。

play.google.com

このようにC101PAはAndroidアプリに対応しているので、ブログを更新することには全く困りません。快適です。

 

ニュース、5ちゃんねるを見る

ニュース関係はブラウザで見ています。ここは通常のWindowsパソコンと同様ですね。

5ちゃんねるについてはAndroidアプリのchmateを利用しています。

play.google.com

スマホモード、タブレットモードどちらでも使えるようになっています。

 

スマホで撮った写真を見る

Googleフォトを使っています。スマホで撮った写真が自動同期されるので、これ一択です。Amazonフォトも使えるようにしていますが、今はGoogleフォトをメインにしています。

play.google.com

 

 

ちなみに、購入する前から「Chromebookでコレがしたい!」という目的が特にあった訳ではありませんでした。

強いて言えば「触ってみたかったから」という理由です。

スマートフォンはAndroidのPixel3を使用しており、もともとGoogleのコンテンツやサービスを多く使っていましたので、親近感はあったのかもしれません。

  

 

購入してから使う頻度

平日は仕事にでていますので、帰宅後の夜に2時間ほど使用しています。

このような使い方だと3日~4日は充電しなくても大丈夫です。充電が必要になった場合でも、スマホと同じCタイプのUSBケーブルを指すだけでOKとなっています。

これは非常に助かりますよね。旅行や帰省などで持ち出す際にもスマホのケーブルさえ持っていればいいわけなので。荷物が増えない部分も使っていて高評価です。

 

休みの日は、時間があるときは割とガッツリ使っています。ブログを書いたり、調べ物をしたり。Youtubeで動画を見たりです。その場合は充電ケーブルを指して使うことが多いですね。

 

MicrosoftOfficeや印刷は使っていない

仕事ではなくプライベートでの使用となりますので、Office関係は使用していません。AndroidアプリにOfficeがありますが、月額課金が必要となりますのでご注意ください。

また印刷についても使用していません。最近では年賀状も作らなくなってきましたし、作っても手書きでも事足りる枚数くらいしか出しません。

例えば地域の寄り合いの資料や、趣味サークルでの会報などで書類を作ったり印刷を考えている方はWindowsやMacを選ばれた方がスムーズかと思います。

Chromebookでも作成できますが、少し使いにくい部分がでてくるかもしれません。

 

Androidアプリの利用

先ほどからAndroidアプリの利用を記載していますが、Chromebookを使う上で非常に便利なのでぜひ活用したいところです。

ただし注意点があります。2017年以降に発売されたChromebookはAndroidアプリに対応していますが、それ以前に販売されたモデルの一部では使用する事ができません。

 

対応端末かどうかはGoogleのページで確認する事ができます。


sites.google.com

 

また端末が対応していてもアプリがChromebookに上で動作しないものもあります。

私が見た範囲では、Instagramが起動できませんでした。アプリがダメでもブラウザで見れますので問題はありません。

多くを試したわけではありませんが、他のアプリは今のところ動作しています。

私がスマホで遊んでいるドッカンバトルも、問題なくスムーズに動作しましたよ。

 

 

不満な点

次に不満な点を上げていきます。

全体的に問題はないのですが、少し気になっている点です。

 

  • タッチパッドのレスポンスが悪いときがある
  • 画面を閉じた状態から、少し開けにくい
  • 解像度がもう少し大きければ良かった

 ひとつずつ見ていきます。

 

タッチパッドのレスポンスが悪いときがある

タッチパッドのレスポンスについては、少し不満です。カーソルの移動、タップの動作が効かない時があります。

これは個体差なのかもしれません。また私の指の状況にもよるかもしれません。

こういった状況の場合、直接タッチパネルの画面をさわって操作することがあります。その方が操作しやすいからです。

この点については、マウスを外付けで使う方には問題ない部分ではありますね。

 

画面を閉じた状態から、少し開けにくい

使用後は画面を閉じた状態にします。ノートパソコンのイメージと同じですね。

次に使う際に画面を開けますが、これが少し開けにくい作りだと感じています。置いた状態で上の部分(液晶側)に指を引っかけて開けるんですが、その引っ掛かりが少ないんです。ですのでサッと開けたい場合に引っかからず、少しストレスになっています。

せっかく起動が爆速のChromebookなのですから、使いたいときに開きにくいのはちょっとマイナスポイントです。

 

解像度がもう少し大きければ良かった

本機の解像度は1280×800となっています。

WEB閲覧は問題ありませんが、ページによってはフォントのギザギザが少し気になります。ページの拡大率をデフォルトの100%から110%に変更すると綺麗なのですが、それだと横がはみ出るサイトもあり、悩ましい所です。

文字が極端に読みにくいということは決してありませんので、ここは不満点の中でも一番小さなものとなります。

 

 

終わりに

1か月使用してみて、多少の不満点があるものの今でも買って良かった端末だと胸を張って言えます。

国内でも様々なChromebookが発売されており、最近ではハイスペック機種も展開されますので、もっともっとChromebook界隈も盛り上がっていってほしいです。

OfficeなどAndroidアプリで代用できるとはいえ、深く使うのであればWindowsやMacが第一候補とはなりますが、家庭利用で楽しむ分にはChromebookはコストの部分も含めて非常にオススメできる端末となります。

Windows7のサポートも切れましたし、今後買い替えを検討されている方は、Chromebookについてもぜひ調べてみてくださいね。

 

プライバシーポリシーについて