【Chromebook】Flip C101PAは満足できるコスパ最強おすすめ機だった!

このブログを書くきっかけにもなった、ASUSの「Chromebook Flip C101PA」


細かいレビューをしていなかったので今回は少し触れてみたいと思います。




Chromebook Flip C101PAの基本情報

www.asus.com




スペック情報

  • OS:Chrome OS™ オペレーティング システム
  • CPU:OP1 Hexa-core 2GHz/6コア
  • メモリ:4GB
  • ディスプレイ:10.1インチ LEDバックライト WXGA (1280×800) 
  • WEBカメラ:92 万画素Webカメラ
  • インターフェース:USB 3.1 (Type-C/Gen1) x 2、USB 2.0 x 1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • サイズ:幅262.8 mm×奥行き182.4 mm×高さ15.6 mm
  • 重さ:約0.9 kg

本機の特徴ですが、何と言っても「ChromeOS」でしょう!

ChromeOSについては過去記事でご紹介しております。


www.umeboh.com

 





Windowsに比べて出来ることは少ないかもしれませんが、その分ハードウェアのスペックが低くても十分に動作します!

バックグラウンドで動いているシステムが少ないからですね。



特徴

モバイル性能

私が気に入っているのは、10.1インチとコンパクトでモバイル性に優れる点です。

今は家の中メインで使っていますが、リビングや自分の机など、場所を選ばず使用できて凄く便利です。

小旅行に出かける時や、年末実家に帰る際には持ち運びたくなる端末になっています。




バッテリー持ち

バッテリー稼働は約9時間。

私の使い方だと2~3日くらい充電せずに使えています。

充電する際もUSB typeCケーブルが使用できるので、スマホのケーブル刺しちゃえばOKです。 


液晶部分

解像度は1280*800と、10.1インチであれば必要十分なものとなっています。

表面はグレア液晶(光沢あり)です。

私は記事を書く以外にもYoutubeやGoogleフォトを観たりするのに使っているので、

綺麗な画面を楽しめています。

また画面がタッチパネルになっているのもポイントです。

グルッと液晶部分がひっくり返るので、タブレットのように使うことができます。Androidアプリのゲームをプレイすることもできますよ!



アプリケーション

ChromeOSなので、WindowsやMacのアプリは使えません。

その代わりにAndroidアプリが使用できます。

(注意:全てのアプリが使用できる訳ではありません)


私はPerfectviewerなど画像閲覧アプリなどを利用しています。

もちろん、タブレットモードです。


最近はアプリを使わなくても、インターネットブラウザのGoogleChrome上で色々なことが

できるようになっているので、困ることも少なくなってきましたね。


ブラウザのショートカットを活用し、アプリのように使う方法はこちら。

www.umeboh.com




キーボード、タッチパッド

キーボードは不満なく使えていますが、タッチパッドについては、少しだけ不満が残ります。


マウス操作する際に、たまにもたついたりタップが利かなかったりするケースが出ています。

これは私の指クセや乾燥具合の関係あるのかもしれません。

まあ、マウスを使うまでもないので、このままの状態で使おうと考えています。




総評

非常に良い買い物でした! 

コンパクトでキビキビ動き、バッテリー持ちも良く、

ポイント考慮し3万円を切る価格帯で購入ができる。


ChromeOSというものをある程度理解して使う必要がありますが、

軽く記事を書いたりネットニュース読んだりするに最高のパートナーだと思います。


このブログができたのも、このC101PAのおかげですからね笑

大事に使っていきたいと思います。

 

 

最新情報をチェックしよう!