UME-BLOG

小旅行、グルメ、ガジェット。気ままに好きなことを書いていきます。

スマート家電リモコンを導入したら、快適な室温で帰宅できるようになった!

f:id:umeboh:20191221155613j:plain 奥さんが妊娠したので、これまで以上に特に体調管理に気を使うようになりました。

 

帰宅時に部屋が暑かったり寒かったりすると大変です。

夏場はちょうどツワリがMAXだった時期なので、見ているこちらも何とかしてあげたいと思っていました。

 

そこで色々調べると、外出先からでもアプリでエアコンが操ることができる、

スマート家電リモコンなるものを導入してみることにしました。

 

 

購入したのはRS-WFIREX4

iot.ratocsystems.com

 

この商品はスマートスピーカーやスマホアプリと連携できる、学習機能付きリモコンです

 

「○○○、電気つけて!」とか「○○○、テレビ消して!」とか。

最近よくテレビCMで見かけますよね。

 

 

こいつはWiFiを通じて、色々な機器にリモコン指示を飛ばすことが出来るんです。

 

例えば外出先で、「今から帰るけど部屋が寒いからエアコン点けておこう!」という使い方が可能です。 

 

 

また、温度、湿度、明暗センサーがついているので、

スマホアプリで設置した場所の現在の状況を確認することができます。

 

ちゃんとエアコン効いているかな~とか、

ペットを室内で飼っていて温度管理される方も安心です。

 

 

さっそく購入して、実際にリビングに設置してみました。 

f:id:umeboh:20200114133353j:plain

 

リモコンですので、コントロールしたい家電に赤外線が届く位置に設置が必要です。

障害物があると機能しないかもしれません。

 

私は棚の横にぶら下げて使用するようにしました。

 

 

 

さて、実際に使うにあたり私はまだスマートスピーカーなるものを持っていないので、

今回はスマホアプリで家電をコントロールしてみようと思います。

 

使用するアプリ

スマート家電コントローラー

play.google.com

 

登録した家電のリモコン操作が可能になるアプリです。

 

 

インストールして起動したところです。

既に設定済みの画面となります。

 

f:id:umeboh:20191221172600j:plain

 

購入し設置したRS-WFIREX4を「リビング」や「寝室」のように場所と紐付けて設定します。

私の場合は、1台のRS-WFIREX4を「リビング」に設置しています。

 


 

f:id:umeboh:20191221173155j:plain

 

右上のメニューからRS-WFIREX4の追加や、音声認識の設定などが可能です。

 

リビングのボタンを押すと、コントロールするように設定した家電が出てきます。

 

 

f:id:umeboh:20191221173719j:plain

 

ここから、各機器を選んで「電源ON/OFF」やエアコンの温度の変更などの指示を出すことができます。

 

下段には現在の状況が表示されていますね。

 

リモコンのデータですが、テレビやエアコンなど家電ごとに、

最初からある程度のメーカ、モデルのリモコンデータが入っています。

お使いの家電の製品があれば、選ぶだけで簡単に使えます。

 

もちろん、学習リモコンとしての機能があるので、お手元のリモコンから信号を覚えさせて使用することが出来るようになっています。

 

これなら、大体のリモコンが使えるので安心ですね。

 

 

マクロ機能で、複数の指示を作っておくことも可能

例えば、私は「おやすみ」というボタンを作っています。

このボタンを押すと、エアコンOFF→テレビOFFというふうに複数の家電に対して一度で指示を送ることが可能です。

 

スマートスピーカーと連携させると、わざわざポチポチしなくとも電源OFFが可能です。

 

「○○○、おやすみ」と言うだけです。

 

いやー、面倒くさがりな私にピッタリですね!

スマートスピーカーも、奥さんに相談して我が家にも取り入れてもらうように交渉をしたいと思います。

 

 総評

f:id:umeboh:20200114133439j:plain

 

買って良かったです!

 

自分の体調管理にもなりますが、

今後子供が生まれて、帰宅時に部屋の温度が気になるようになると思うので。

 

あとは今後スマートスピーカーも買って、連携なんかも試せるといいなと思います。

 

プライバシーポリシーについて